“スーパー・グラノーラ”「えん麦」とは?

えん麦と人類の歴史

悠久の時の流れの中で、
受け継がれてきた伝統食品。

今から約5000年前、 既に中央ヨーロッパでは小麦と大麦を栽培した際の雑草として、 えん麦は人類に認識されていました。
中世ヨーロッパにおいては、主に飼料用として利用され、 オートミールなどの食用とするのはスコットランドなどいくつかの地域に限られていました。 1870年代にフレーク化する技術が開発されることで、 アメリカを中心に食用として急速に普及することになります。


中国では、2500年前に栽培が開始されたという記録が残っています。
主に中国北西部において栽培され、えん麦粉は伝統的な食品素材として今に伝えられています。
また、古医書にも記載されるなど、古来より医食同源を体現する食品の一つとして利用されてきました。


Copyright © 2014 jyohokyoku, CO., LTD. All Rights Reserved.