えん麦の栄養成分

上手に摂りたい不飽和脂肪酸

脂肪酸には、「飽和」と「不飽和」の2つがある

基本的に脂肪酸は、炭素(C)、水素(H)、酸素(O)の3種類の原子で構成され、炭素原子が鎖状につながった一方の端にカルボキシル基(-COOH)がついています。その構造の違いにより「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分類でき、炭素と炭素の間に二重結合がまったくないものを飽和脂肪酸、二重結合があるものを不飽和脂肪酸といいます。

特別な不飽和脂肪酸、その名は「オメガ(ω)」

不飽和脂肪酸のうち、炭素の二重結合が一つのものを「一価不飽和脂肪酸」、2つ以上あるものを「多価不飽和脂肪酸」といい、炭素-炭素二重結合の位置によってさらに2種類に分類されています。さらに多価不飽和脂肪酸の中には、鎖状に結合した3個目の炭素に二重結合がある「n-3系脂肪酸」、6個目の炭素に二重結合がある「n-6系脂肪酸」があり、これらを特に「オメガ(ω)脂肪酸」といいます。


えん麦には、身体によい不飽和脂肪酸がたっぷり

リノール酸やα-リノレン酸などに代表されるオメガ脂肪酸は、生命の維持に不可欠であるにも関わらず、体内で作ることができないため食事からとる必要があることから「必須脂肪酸」と呼ばれています。えん麦には、不飽和脂肪酸として「オレイン酸」「リノール酸」「リノレン酸」が豊富に含まれており、健康にさまざまな効果が期待されます。

不飽和脂肪酸の健康効果

■オレイン酸

植物油の主成分である脂肪酸の一つであり、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らします。

 

■リノール酸(必須脂肪酸)

植物油の主成分である脂肪酸の一つで、血中コレステロールを下げる効果があります。

 

■リノレン酸(必須脂肪酸)

血中の中性脂肪を下げる作用、血栓ができるのを防止する作用、高血圧を予防する作用、アレルギーの抑制、PMS症状、更年期障害を軽減するなどの効果が期待されるといわれています。

■不飽和脂肪酸の含有量の比較

出典:USDA 食品成分データベース/文部科学省;日本食品標準成分表2010

Copyright © 2014 jyohokyoku, CO., LTD. All Rights Reserved.