えん麦の健康効果

ダイエット効果

性別を越えて、ますます高まるダイエットニーズ。

30代~40代くらいの女性で、ダイエットを経験したことがないという人は、少ないのではありませんか?ましてや昨今の美魔女ブームなどで、いつまでも若く美しくありたいと望む人は多いはず。男性の場合でも、どの世代においても肥満の割合は増加しており、40代~60代の肥満者は30%を超えています※。肥満が原因で、いずれは糖尿病や脳卒中などの生活習慣病のリスクが高まることは周知のとおり。今後もダイエットへのニーズは高まっていくことが予想されます。


※出典:厚生労働省「平成19年国民健康・栄養調査」

なぜ、あなたのダイエットは、失敗するのか?

こうしたダイエットニーズを反映してか、巷にはさまざまなダイエット方法があふれています。しかし、どれも最初のうちは頑張って成功しても、しばらくすると面倒になってきて、もとの体重に逆戻り。多くのダイエット法は、厳しすぎたり、ややこしすぎたり、退屈すぎたり、現実的でなかったり、という理由で断念してしまうことが多いようです。また、ある調査によると、ダイエット経験者のうち60%以上がリバウンドしてしまっているともいわれています。

いま、話題の低GIダイエットをご存知ですか?

糖が体内に入って血糖値が上がるとインスリンが分泌され、エネルギーとして筋肉や肝臓に送り込む一方で使われなかった分を脂肪にため込みます。血糖値の上がり方が急であるほどインスリンが多量に分泌され、身体に糖が余っているので、ため込まなければと判断させることになり、結果的に脂肪がついてしまいます。「GI」とは、糖の吸収の度合いを表す数値。GI値が低いほど血糖値の上昇が穏やかになり、インスリンの分泌が低く抑えられます。低GIダイエットとは、血糖値を急激に上げない食事により、食べた分が脂肪に蓄えられないようにするダイエット法なのです。

■ 低GI食品と高GI食品

えん麦ふすまは、低GIダイエットに適した食品。

GI値が70以上を高GI食品、56~69を中GI食品、55以下を低GI食品と大別することができますが、えん麦ふすまはGI値が「50」と低GI食品に属します。毎日の食事の中で、上手に高GI食品と置き換えたり、組み合わせて食べることでダイエット効果を得ることができます。しかも、えん麦β-グルカンは、優れた粘性、保水性、吸着性によって膨張し、消化管内に比較的長期間滞留。その結果、空腹感が避けられるようになり、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できるのです。えん麦ふすまは、効果的なダイエットをサポートするスーパーフードといえるでしょう。

■ えん麦β-グルカンの膨張率


Copyright © 2014 jyohokyoku, CO., LTD. All Rights Reserved.